一般社団法人オダックス・ジャパン北海道のウェブサイトです。通称・略称〜AJH、AJ-Hokkaido、AJ北海道

北見200km <1> CLASSIC / 北見200km <2> NEW / 北見300km

参加者予定者の居住地が、緊急事態宣言の地域、又はそれに相当する地域となった場合(2021.7/9掲載)

  • 参加予定者の居住地が、緊急事態宣言の地域、又はそれに相当する地域となった場合は、各自で判断し参加を控えてください。参加費は全額返金致します。返金方法は出走ガイド個別版に示されているDNS連絡を使い自由記入欄に「感染防止のため参加を辞退します」と記入してください。追って主担当より返金手続きの連絡をいたします。

今年の北見ブルべは待望の200kmNEWコースが新登場。三本連続チャレンジが可能です(どれかのみの参加も可能です)。
【宿泊情報】スタート・フィニッシュの北見自然休養村センターは公共の宿泊施設です。宿泊予約は参加者が直接施設に連絡してください。直近のコンビニまでは5kほど距離があります。食事付きがお勧めです。朝食は大会受付時刻を考慮して対応していただけます。通常の夕食については施設にご確認ください。


中止 ワンコイン夕食情報】7/22・23・24の3日間、19:00以降最終走者Finishまで、AJHが募集するセルフサービスのワンコイン(500円)夕食を用意します。申込みは開催日近くなりましたらAJHHP掲示板で募集します。
ワンコイン夕食の提供は取りやめといたします。感染症防止対策に伴う措置となります。2021.6/19掲載

Audax Japan BRM722北海道200km北見 - <1> CLASSICコース

北見200kクラシック、定番コースで初夏の南オホーツクをいいとこ取りしちゃいます。女満別の丘を越えて、斜里岳目指して一直線。浜風に乗って原生花園を駆け抜けて、ランチグルメは網走海産物を堪能しましょう。旧国鉄湧網線跡のサイクリングロードは雄大なオホーツク平原の魅力が全開。常呂川沿いに北見へ戻ってくる、快速フラットコースです。

Audax Japan BRM723北海道200km北見 - <2> NEWコース N2BRM

  • 開催日 2021/7/23・7/24 二日間開催します
    • どちらか一日を選択して申し込んでください。
    • 7/24に200kmを申し込んだ場合は同日開催の300kmには参加できません。ご注意ください。
  • 申込期間 2021/6/1-7/8
  • 募集定員 各60名
  • 参加費 2000円
  • スタート場所・時刻 北見市 北見自然休養村センター 7:00(受付6:00〜6:40)
  • (参考)RideWithGPS ※RWGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。
  • LinkIcon出走ガイド
  • LinkIconキューシート
  • LinkIcon受付確認(参加者リスト)はこちらからお願いします。

北見ブルベに新コース、森と湖とふたつの峠をアップ&ダウンの200kです。網走湖と能取湖沿いに深閑とした森を抜けて、目指すはオホーツク海にそっと突きでた能取岬。牧場と灯台の丘で波音を遠耳にしばしまったり。網走で帽子岩を眺めながら軽く腹ごしらえをしたら、芝桜花街道をヒルクライムPart1、目指すは藻琴峠。途中休憩なら開花の過ぎた芝桜公園でピンクのソフトクリーム。頂上のハイランド小清水725は、その名の通り標高725m。藻琴山麓から知床連山まで一望したら、屈斜路湖めがけてワインディングダウンヒル。下り切ったら待ち受けるのは、何やら立ちこめる硫黄の匂い。川湯に着いたら一休み、硫黄山の温泉卵は補給食にはむかないけれど、砂湯の足湯でさっぱりしましょう。屈斜路湖畔をぐるり半周したら、ヒルクライムPart2は美幌峠、標高525m。ぐねぐね道の森を駆け上がり、高原の緑と青をラストスパート、道の駅で揚げいも食べて、あとは北見まで一気にダウンヒル&フィニッシュ。

Audax Japan BRM724北海道300km北見

  • 開催日 2021/7/24
    • 7/24に200kmを申し込んだ場合は同日開催の300kmには参加できません。ご注意ください。
  • 申込期間 2021/6/1-7/8
  • 募集定員 60名
  • 参加費 2000円
  • スタート場所・時刻 北見市 北見自然休養村センター 6:00(受付5:00〜5:40)
  • (参考)RideWithGPS※RWGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。
  • LinkIcon出走ガイド
  • LinkIconキューシート
  • LinkIcon受付確認(参加者リスト)はこちらからお願いします。

北見300kは山の向こう奥根室まで脚を延ばすコース。木工の町津別から釧北峠を越えて、雌阿寒・雄阿寒・阿寒湖畔へ。ワインディングダウンヒルをクリアしたら、北の旅人の聖地開陽台へ直線ロードをひた走り。直前に待ち受けるは斜度20%の激坂です。330°の大展望を眼下に収め、牛の数をかぞえながら根釧台地を突っ切ります。清里峠のもっと先を登りつめたら秘境・霧の裏摩周。夕闇迫る原生花園を駆け抜けて、網走で晩ごはん食べて、まっくら森のトンネル抜けたら、今年はおつカレーはないのかなあ。