一般社団法人オダックス・ジャパン北海道のウェブサイトです。通称・略称〜AJH、AJ-Hokkaido、AJ北海道

ブルベ参加者の皆様にご理解頂きたいこと

  • ブルベはレース(走行タイム等を競うイベント)ではありません。
  • ブルベは夜間走行を含め様々な天候のもと200km超の距離を自己責任で走る長距離サイクリングです。
  • ブルベは危険を伴うスポーツであり、あらゆるリスクに対して走者自身の状況判断と対応が必要になります。
  • ブルベの主催者は営利団体ではなく、参加者自身が自分達のためにボランティアで開催しています。
  • ブルベ参加にあたっては、必ずBRM/AJ規則、及び安全装備に関する北海道ローカルルールをお読み頂き、十分理解された上で、申込みを行ってください。

LinkIcon【AJホームページ】LinkIcon【BRM/AJ規則】LinkIconAJ北海道の安全装備に関するローカルルール

Audax Japan BRM426北海道200km新十津川

  • 開催日 2020/4/26
  • 申込期間 2020/1/15-4/12
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 札幌百合の会病院 6:00
  • (参考)RideWithGPS
  • (参考)OpenRunnerOpenRunner ※RideWithGPSおよびOpenRunnerコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

「始発が終電の駅」新十津川駅。廃線間近の札沼線を巡ります。
札幌を出て新十津川を目指し、その後かつて札沼線の駅があった雨竜町を目指します。終わってしまう物語、終わってしまった物語をぜひその目で見届けてください。

Audax Japan BRM505北海道200km函館

  • 開催日 2020/5/5
  • 申込期間 2020/1/15-4/21
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 北斗市運動公園 7:00
  • (参考)RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

旧松前200kmです。北斗市発着で松前半島を走ります。北海道最南端の白神岬、桜の季節の松前、古い歴史を有する上ノ国、旧江差線沿いに湯ノ岱を越えて木古内とまわります。標高差も小さく初心者にもお勧め。北海道のブルベシーズン初めの足慣らしにも良いでしょう。

Audax Japan BRM517北海道200km十勝

  • 開催日 2020/5/17
  • 申込期間 2020/1/15-5/3
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 帯広市 帯広の森運動公園 7:00
  • (参考)RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

人に優しい十勝200が帰ってきた!数々の伝説を生みながら、刺激を求めて新十勝200にその座を明け渡すこと3年。やっぱりあのコースが忘れられない、初心者にも安心して薦められるコースがいい、山ばっかりじゃつまらない、広尾の寿司が食べたい、などの声に後押しされての復活です!とはいえ十勝川河川敷など新ルートもかなり多く含まれており、ベテランも楽しめるコースになっております^^
※ 前夜祭も行う予定です。詳細は後日、掲示板やFB等でアップします。

Audax Japan BRM530北海道300kmトトロ

  • 開催日 2020/5/30
  • 申込期間 2020/1/15-5/16
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 丘珠ふれあいセンター 7:00
  • (参考)RideWithGPS 
  • (参考)OpenRunner ※RideWithGPSおよびOpenRunnerコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

戸外炉(トトロ)峠を巡る300㎞のコースです。深川市街を一望できる場所に置かれた一台のバス。このバスは我々を何処へいざなうのでしょうか。
夜はまだまだ冷え込みます。寒さ対策は万全に。

Audax Japan BRM613北海道400km地球岬

  • 開催日 2020/6/13
  • 申込期間 2020/1/15-5/30
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 丘珠ふれあいセンター 8:00
  • (参考)RideWithGPS
  • (参考)OpenRunner ※RideWithGPSおよびOpenRunnerコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

地球岬を巡る400㎞の小旅行。2年ぶりの登場です。
前回よりニセコ・倶知安・洞爺エリア(のアップダウン)を楽しんでいただけるようにコースを若干変更しました。地球岬の展望台からの眺めは素晴らしく、夜でも晴れていれば水平線を確認でき遠く駒ヶ岳も見えることでしょう。
初夏の北海道。爽やかなそよ風をお楽しみください。

Audax Japan BRM627北海道300kmナキウサギ

  • 開催日 2020/6/27
  • 申込期間 2020/1/15-6/13
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 芽室町 国民宿舎新嵐山荘 6:00
  • (参考)RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

余裕がある方はスタート前に裏山の新嵐山スカイパーク展望台で足慣らしを。まずは白樺並木を眺めながらナイタイ高原へ。ナイタイテラスで休憩したら三国峠を目指します。三国峠カフェで休憩したら幌鹿峠経由で然別湖へ。湖畔の温泉で休憩したら夕景の狩勝峠に間に合うか。ナキウサギ生息地の近くを走り回る、十勝の絶景ポイントを巡る300kmです。
※ スタート&ゴールの国民宿舎新嵐山荘で前後泊可能です。前夜祭も新嵐山荘で行う予定です。詳細は後日発表いたします。

Audax Japan BRM711北海道600km宗谷岬

  • 開催日 2020/7/11
  • 申込期間 2020/1/15-6/27
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 滝川市 滝川ふれ愛の里 8:00
  • (参考)RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

日本本土最北端・宗谷岬に到達する日本最北ブルべです。
風光明媚な日本海沿岸(オロロンライン)を北上し、通過の町では海鮮を味わうことができます。天塩町からは「利尻礼文サロベツ国立公園」内に広がる国内最大規模のサロベツ湿原の西端を進みます。道は水平線まで伸び、日本海に浮かぶ利尻富士はサイクリストを癒し、最果ての地が近づきつつあることを実感します。日本海に沈む夕陽は絶景です。
宗谷岬で折り返し、約330km地点に仮眠可能な休憩所を設営して軽食も提供します。
以降は天塩川沿いに南下し、日本最大湛水面積を持つ朱鞠内湖周辺の原生林と幌加内町の蕎麦畑(生産量日本一)の景観を楽しみながらゴールを目指します。
平坦部が多く比較的走りやすいコースです。真夏の日本最北地域を満喫してください。
《参考》
・仮眠休憩所:PC4豊富町スポーツセンター。軽食提供。
・日本本土最北端到達証明書:宗谷岬到達者に発行。
・獲得標高:約2,300m。
・最高標高:約440m(名寄市~幌加内町母子里間)。
・北緯45度線通過:北極と赤道の概ね中間。往路・復路にモニュメントあり。
・音威子府村の黒い蕎麦、幌加内町の手打ち蕎麦が人気。
・Start&Finish会場の「滝川ふれ愛の里」は温泉施設。駐車スペースあり。
・前夜祭:7月10日(金)に滝川市内で開催予定。詳細は6月頃このページでご案内予定。

Audax Japan BRM724北海道200km北見
Audax Japan BRM725北海道300km北見

  • 開催日 2020/7/24-25
  • 申込期間 2020/1/15-7/11
  • 参加費 各2,000円
  • スタート場所・時刻 北見市 北見自然休養村センター 共に6:00(どちらかのみの参加も可能です)
  • (参考)200㎞RideWithGPS
  • (参考)300㎞RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

6年目を迎える北見発着ブルベは昨年と同じく200km・300kmの連続開催。
定番コースの200kmか、難易度の高い300km、どちらかでも大歓迎です。
200㎞は女満別の丘を越えて、斜里岳目指して一直線。浜風に乗って原生花園を駆け抜けて、網走の海産物をランチグルメとして楽しむのかを検討しつつ、湖巡りしながら北見へ戻ってくる快速フラットコース。
300kmは木工の町津別から釧北峠を越えて、雌阿寒・雄阿寒・阿寒湖畔へ。ワインディングダウンヒルをクリアしたら、北の旅人の聖地開陽台へ直線ロードをひた走り。直前に待ち受けるは斜度20%の激坂です。330°の大展望を堪能したら、牛の数をかぞえながら根釧台地を突っ切ります。秘境裏摩周で霧にむせび泣いたら、夕闇迫る原生花園から網走を経由してゴールになだれ込みます。
中夜祭も開催予定です。詳細が決まりましたらご案内いたします。
北見200km北見300km

Audax Japan BRM813北海道1200km納沙布岬

*詳細はLinkIcon【特設ページ】をご覧ください。

Audax Japan BRM906北海道200kmニセコ

  • 開催日 2020/9/6
  • 申込期間 2020/1/15-8/23
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 JRニセコ駅前 7:00
  • (参考)RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

北海道の山々とふたつの海と湖と。絶景サイクリングに出かけましょう。ニセコ駅をスタート、丘を越えトンネル抜けて日本海の白波にタッチ。ニセコ連山へ向かって、海抜差830mのパノラマライン神仙沼アタック。一気爽快ダウンヒルで勢いつけて、昆布岳山麓から太平洋の砂浜にタッチ。活けるジオラマ有珠山に迫りながら、昭和新山アタック。洞爺湖畔をぐるり半周しながら、湖面に映える逆さ富士にタッチ。水の駅でひと休みしたら、最大10%越えの武四郎坂アタック。ジャガイモ畑を縫いながら羊蹄山へ向かってアップタウン。フィニッシュ前にニセコ道の駅に立ち寄って特産品グルメをチェック。ゴール後はニセコ駅前「綺羅の湯」の日帰り入浴でさっぱり~。夏の終わりと秋の訪れ、自転車シーズンにぴったりの一日をどうぞ。

Audax Japan BRM921北海道400km函館

  • 開催日 2020/9/21
  • 申込期間 2020/1/15-9/7
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 函館市 公立はこだて未来大学 6:00
  • (参考)RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

恒例の400kmコースです。函館を中心に北海道南端部を巡ります。前半は東側の亀田半島を回って大沼へ。明るいうちに城岱牧場・木地挽高原という絶景ポイントを2つ、また、函館山・大沼・噴火湾の景色もご期待下さい。天気が良ければ羊蹄山が見えるかもしれません。後半は渡島中山峠を越えて江差から西側の松前半島を海岸沿いにぐるりと回り、函館山を目印に走ります。台風さえ来なければ秋の入り口の道南をお楽しみいただけるでしょう。

Audax Japan BRM1004北海道200km大夕張

  • 開催日 2020/10/4
  • 申込期間 2020/1/15-9/20
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 札幌百合の会病院 7:00
  • (参考)RideWithGPS ※RideWithGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

札幌市を出発して桂沢湖からシューパロ湖を巡る、全体として大きな8の字を描くコースです。道中、三笠・幾春別・清水沢などかつて炭鉱で栄えた町を通ります。中でも大夕張を飲み込んだシューパロ湖は、その湛水面積において朱鞠内湖に次ぐ国内第2位の巨大人造湖です。広大なシューパロ湖と紅葉の景色をお楽しみください。

Audax Japan BRM428 北海道200㎞美唄

石狩の里山風景、空知の丘陵地帯を巡る200㎞。
目的地であるアルテピアッツァ美唄は、廃校になった木造校舎を再利用した野外彫刻美術館です。併設されているカフェアルテでエスプレッソを飲むも良し、野外彫刻を見て芸術に浸るも良し。まだまだ肌寒い季節。油断なさらぬよう。

Audax Japan BRM505北海道200km函館

旧松前200kmの復活です。北斗市発着で松前半島を走ります。北海道最南端の白神岬,桜の季節の松前,古い歴史を有する上ノ国,旧江差線沿いに湯ノ岱を越えて木古内とまわります。標高差も小さく初心者にもお勧め。北海道のブルベシーズン初めの足慣らしにも良いでしょう。

Audax Japan BRM511 北海道300㎞トトロ

不思議な不思議な峠への誘い。目指すは戸外炉(トトロ)峠。深川市街を一望できるこの場所に置かれた一台の猫バス。子供の時にだけ見ることができる、なんて言われておりますが。さてさて皆さんの目には見えるでしょうか。
(2019.4/23更新)

Audax Japan BRM525 北海道400㎞石狩平野

  • ルート変更をしました(2019.5/19)
    • 札幌市街地での熊目撃情報が相次いでいることを受けまして、PC5セブンイレブン北広島駅前店以降のルートを変更致しました。

石狩平野を巡る400㎞の旅へようこそ。
間もなく消えようとしている札沼線。炭鉱時代の面影残る歌志内市街。80kmにも及ぶ北海幹線用水路。石狩平野には広さだけで語ることのできない物語があり営みがあります。この旅を走り終えたときあなたは何を思うでしょうか。
(2019.5/14更新)

Audax Japan BRM609 北海道200㎞新十勝

スタートしてほどなく、漫画「銀の匙」の舞台の農業高校前を通過、東十勝の田園風景を抜けて、ぬかびら源泉郷からは台風被害から復旧したばかりのパールスカイラインで森の中を淡々と登って幌鹿峠へ。然別湖畔をフィトンチッドを浴びながら走り抜け、白樺峠からは豪快にダウンヒル!その勢いのままゴールまで駆け抜けましょう!
三年目にしてやっと当初計画していたルートでの開催。乞うご期待!
前日の18時ごろから前夜祭開催を予定しています。詳細は決定後に掲示板とフェイスブックに掲載します。

Audax Japan BRM622 北海道600㎞紋別

  • 開催日 2019/6/22
  • 申込期間 2019/1/15-6/8
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 丘珠ふれあいセンター 7:00(2019.5/26変更)
  • ゴール場所 セブンイレブン札幌北丘珠店
  • ゴール受付 丘珠ふれあいセンター
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボ及びRWGPSコースデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。
  • 出走ガイド→LinkIconダウンロードはこちら
  • キューシート→LinkIconダウンロードはこちら
  • 受付確認→LinkIconご確認はこちらのページから

1年で一番日の長いこの時期。日の出を見にオホーツク海を目指しましょう。
石狩平野を突っ切るように進んでいき、砂川芦別を通り上富良野へ入ります。
突如として現れる十勝岳広がる大パノラマ。美瑛の丘を越えて夕刻頃にはアタック浮島峠。越えた先には紋別の街並みが。
その後はオホーツク海を北上しながら日の出を満喫、興部から再び内陸へ。天北峠を越えて名寄士別と進み札幌を目指します。
6月とはいえ北海道。夜はまだまだ冷えこみますので対策は念入りに。
(2019.6/6更新)

Audax Japan BRM713北海道200km北見
Audax Japan BRM714北海道300km北見

5年目を迎える北見発着ブルベは200km、300kmの連続開催です。
パラダイス・ウィーク直前に連続ロングライドを予習できる絶好の機会です。もちろん、定番コースの200kmか、難易度の高い300kmのどちらかでも大歓迎です。13日の夜には定番となりました、中夜祭も開催します。開催が近づきましたら詳細をご案内いたします。

200㎞は女満別の丘を越えて、斜里岳目指して一直線。浜風に乗って原生花園を駆け抜けて、網走の海産物をランチグルメとして楽しむのかを検討しつつ、湖巡りしながら北見へ戻ってくる快速フラットコース。
300kmは木工の町津別から釧北峠を越えて、雌阿寒・雄阿寒・阿寒湖畔へ。ワインディングダウンヒルをクリアしたら、北の旅人の聖地開陽台へ直線ロードをひた走り。直前に待ち受けるは斜度20%の激坂です。330°の大展望を堪能したら、牛の数をかぞえながら根釧台地を突っ切ります。秘境裏摩周で霧にむせび泣いたら、夕闇迫る原生花園から網走を経由してゴールになだれ込みます。

中夜祭⇒日時:713日(土)1900~、場所:北見自然休養村センター内、詳細下記
ゴール後の食事⇒休養村特製カレー(現地にて一人500円の集金、詳細下記)
ゴール後の入浴⇒宿泊者はゴール後の入浴が可能(前泊のみでも可)
スタート・ゴール会場の北見自然休養村センターは格安な公共宿泊施設です。
宿泊料金は、現時点では素泊まり3000円、最終申込人数によっては団体割引が適用される場合があります宿泊予約は施設に直接ご連絡ください。
◎北見自然休養村センター:〒090-0808 北海道北見市若松651番地  Tel 0157-25-9675
~担当スタッフからひと言~
宿泊は712日~14日の3泊を朝食付きで申し込まれるのがお薦めです!近くにコンビニありません。13日、14日の朝食時間はブルベ受付に間に合うように配慮していただけます。
北見200km北見300km

前夜祭

北見夏合宿に新たな企画です。北見市は焼肉だけではなく、バーテンダーの町のとしての顔をもっています。
カクテル、クラフトビール、マスター厳選の果実酒等を片手に翌日の戦略や装備の話で盛り上がりませんか?
ノンアルコール・カクテルやフレバーティも多数取り揃えております。
もちろん、明日の補給にも配慮していただき、パスタ等のフードもつけてもらいました。
ブルベの雰囲気を味わってみたい方も大歓迎です。
会費:4,000円(フード付き1時間半飲み放題)
会場:Kendric Bar(ケンドリックバー)北見市北6条西2丁目エイトビル6条フロア4F
日時:7121900から
申し込み方法:BBSの当企画投稿記事に「前夜祭参加希望」とコメントするか、長谷川宛「ajhasegawa1984gmail.com(○を@に)」に「前夜祭参加希望」と直接メールしてください。
締め切り:73

中夜祭

前年も好評を博した、北見焼肉にご飯とアラカルトを加えたスペシャルセットメニューをお供に今日の感想や明日の戦略、
装備の話で盛り上がりませんか?
お酒も用意しておりますが、飲みすぎないように注意してください。ブルベの雰囲気を味わってみたい方も大歓迎です。
会費:3,500円(当日焼肉会場受付にて頂きます。飲み放題・食べ放題ではありません)
会場:休養村隣接の山の家
日時:71318時~20時(焼肉はこの時間で終了ですが、別会場で歓談できるよう手配しております)
申し込み方法:BBSの当企画投稿記事に「中夜祭参加希望」とコメントするか、長谷川宛「ajhasegawa1984gmail.com(○を@に)」に「前夜祭参加希望」と直接メールしてください。
締め切り:73

おつカレー

走りきった体に染み渡るご褒美のカレーです。過去に実施したブルベでも走者の方に好評を頂いたカレーを特別価格で是非ご賞味ください。ゴール待ちの小腹対策の方も大歓迎です。
価格:500円(スタート受付時に頂きます。)
提供時間:71417002700(ぎりぎり隊にはできるだけ配慮したいと思います)
申込方法:BBSの当企画投稿記事に「おつカレー希望」コメントするか、長谷川宛「ajhasegawa1984gmail.com(○を@に)」に「おつカレー希望」と直接メールしてください。
締め切り:73

2019パラダイスウィーク北海道

200k300k400k600k4つのカテゴリーを一週間で走破する「パラダイスウィーク」、今夏、AJ北海道が7年ぶりにお送りします。毎年恒例の「宗谷岬600k」に引き続いて、「旭川-斜里400k」、斜里発着の「知床200k」、「斜里-旭川300k」を連続開催いたします。4つのブルベを走りきると1500k、一気にSR獲得です。もちろん部分参加でもかまいません。体力と休暇日数に応じて自由にエントリーしてください。フランスは遠くても、北海道が待ってますよ。

【PW斜里懇親会のお知らせ】
会場 :レストラン「年輪」(しれとこくらぶ併設) 斜里町文光町41-1
●第一夜
・8月13日(火)18時開始
・アラカルト料理、ワンドリンク付き
・会費3500円(酒類2杯目からは1杯500円) ※当日徴収いたします
●第二夜
・8月14日(水)18時より随時受付け
・焼肉セット (一人分ずつセッティング)
・一人前2500円、酒類は別途料金 ※当日徴収いたします
※どちらか一夜のみの参加でも構いません
※PW出走者、及びその関係者でしたらどなたでも参加いただけます。
・申込み方法
Email:ho.so.ya.book●gmail.com(●を@に) 細谷宛にご連絡ください。
折り返し(おおよそ半日以内には)受付確認メールをお送りします。
申込み締切り8月4日(日) (申込者が多数になった場合は締切りを早める場合があります)

【斜里宿泊施設(しれとこくらぶ)の追加募集のお知らせ】
女性限定
募集人数1~2人(ツインまたはトリプル相部屋)
宿泊希望者は下記アドレスまでメールにて名前・住所をご連絡ください。
 (複数人の場合はそれぞれの名前住所をお知らせください)
折り返し、返信メールにて料金振込み先の口座番号をお知らせします。
ho.so.ya.book●gmail.com(●を@に)
2泊分の宿泊料金11100円をお振込みください。入金確認順に受付けを確定します。定員に達しだい募集を締め切ります。
※キャンセル時の返金については以下のようにします。
 7月末日まで5550円、それ以降のキャンセルには返金対応はいたしません

【主催者による宿泊等手配(斜里宿泊施設の利用希望の受付について)】
パラダイスウィーク参加者向けの宿泊施設として、斜里市街地にあるペンション「しれとこくらぶ」を2泊分貸切りしました。(2019.2/1日 全て予約が埋まり、受け付け終了)
斜里の宿泊施設以外、主催者による宿泊手配は行いません。また、ドロップバッグサービスの手配は予定しておりません。宿泊施設への荷物配送の手配は、参加者各自で行ってください。

●しれとこくらぶ
ホームページ
紹介記事

・13-14日、14-15日の2泊、素泊まりで合計11100円
・募集人数17人(2019.2/1日 全て予約が埋まり、受け付け終了)
・ツイン7部屋、トリプル1部屋 (相部屋のみ、シングルルームはありません)
・自転車は外置きになります。屋内保管はできません。ブルーシートでの覆いをします。
・朝食は希望者別途受付(一食850円)
・24時間利用可能の温泉あり(宿泊費込)、ランドリーあり(有料)
・併設のレストラン「年輪」で懇親会を行います

宿泊希望者は下記アドレスまでメールにて名前・住所をご連絡ください。
 (複数人の場合はそれぞれの名前住所をお知らせください)
折り返し、返信メールにて料金振込み先の口座番号をお知らせします。
ho.so.ya.book●gmail.com (●を@に)
2泊分の宿泊料金11100円をお振込みください。入金確認順に受付けを確定します。
定員に達ししだい募集を締め切ります。
・部屋割りは運営スタッフで行います。同室希望は承りますので併せてご連絡ください。
・キャンセル時の返金については以下のようにします。
  ・6月末日まで8880円、7月末日まで5550円、それ以降のキャンセルには返金対応はいたしません。
  ・金融機関の振込手数料は参加者負担とします。返金の場合もこの手数料を差し引いた額を返金します。

AudaxJapan BRM810北海道600kmPW宗谷岬

日本本土最北端・宗谷岬に到達する日本最北ブルべです。風光明媚な日本海沿岸(オロロンライン)を北上し、通過の町では海鮮を味わうことができます。天塩町からは「利尻礼文サロベツ国立公園」内に広がる国内最大規模のサロベツ湿原の西端を進みます。道は水平線まで伸び、日本海に浮かぶ利尻富士はサイクリストを癒し、最果ての地が近づきつつあることを実感します。日本海に沈む夕陽は絶景です。宗谷岬で折り返し、約330km地点に仮眠可能な休憩所を設営して軽食も提供します。以降は天塩川沿いに南下し、日本最大湛水面積を持つ朱鞠内湖周辺の原生林と幌加内町の蕎麦畑(生産量日本一)の景観を楽しみながらゴールを目指します。平坦部が多く比較的走りやすいコースです。真夏の日本最北地域を満喫してください。
<参考>
・『仮眠休憩所』を設置(PC4豊富町スポーツセンター)。軽食提供。
・宗谷岬到達者に『日本本土最北端到達証明書』を発行。
・獲得標高約2,300m、最高標高約440m(名寄市~幌加内町母子里間)
・北緯45度線(北極と赤道の概ね中間)を通過。道道106号(オロロンライン)と国道40号にモニュメントあり。
・幌加内町には、特産の蕎麦を使った手打ち蕎麦店が数軒あり。音威子府村の黒い蕎麦も人気。
Start&Finish会場の「滝川ふれ愛の里」は温泉施設。駐車スペースあり。
・前夜祭を89()に滝川市内で開催予定。詳細は7月頃このページでご案内。

【前夜祭のご案内】

下記要領で前夜祭を開催します。
北海道名物味付きジンギスカンの発祥「松尾ジンギスカン本店」で参加者同士の親睦を深めましょう。
多数の参加をお待ちしています。
日  時 : 2019年8月9日(金) 18時30分~2時間程度
場  所 : 松尾ジンギスカン滝川本店
      滝川市明神町3丁目5-12 Tel 0125-22-2989
内  容 : ジンギスカン食べ放題・飲み放題コース
参 加 費 : 4,000円 (当日会場でお支払いください)
申込方法 : E-mail taccyk☆yahoo.co.jp 担当 岸
             (☆を@に変更してください)
申込期限 : 8月3日(土)

Audax Japan BRM812北海道400kmPW旭川斜里

パラダイスウィーク第二弾は旭川駅に移動してのスタート、400kかけて知床半島の付け根・斜里を目指します。美瑛のパワースポット青い池や「北の国から」麓郷、「ぽっぽや」幾寅を巡り、狩勝峠トラップをかわしたら、十勝平野を横断、帯広グルメをかすめて、池田からは北北東に進路をとり一路オホーツクを目指します。到着の夜は懇親会でぱーっと英気を養ってください。

Audax Japan BRM814北海道200kmPW知床

翌日は斜里発着の200k。今回のパラダイスウィークのメインアトラクション、アタック知床峠です。潮風に洗われながらウトロに取り着いたら、ケモノとの遭遇がないことを祈りつつひたすら登板、雄大な原生林と水平線の眩しいコントラストを堪能しましょう。豪気に羅臼へ駆け下りたら余勢を駆って、地の果て立ち枯れどんづまり・野付半島まで足を伸ばします。何にもない森の中の根北峠を越えて知床半島一周制覇です。

Audax Japan BRM815北海道300kmPW斜里旭川

パラダイスウィーク最終日は300k。オホーツク沿岸を北上、途中能取岬に立ち寄って荒涼感を満喫、紋別からは内陸部に向かい、林業のまち滝上町から宵闇迫るすぴりちゃる浮島峠を越えて旭川に戻ってのゴール。真夏の北海道、1500キロ走り抜いて太陽に焼き尽くされるのだ。

13日夜に懇親パーティーを行います。14日にも懇親会第二夜を予定しています。また、斜里では参加者用に宿泊施設を貸切りました。(募集人員は17人程度、相部屋のみ)
「しれとこくらぶ」(http://www.shiretoko-club.jp/)
詳細発表、募集開始は1月の予定です。

Audax Japan BRM915 北海道200㎞ちょいグラベル十勝

【重要】このコースにはグラベル(未舗装路)が含まれます。
グラベル区間は主に4カ所、合わせて32kmほどです。いずれもほぼ車で走行できるレベルです。シングルトラック等はありません。スタッフはロードバイクにグラベル用のタイヤで走行できました。最初のグラベル区間は、スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドの先から岩内仙境まで。次に忠類の道の駅の裏山を廻って、十勝が丘展望台の奥を抜けて、朝ドラ「マッサン」のオープニングの白樺並木を通って十勝牧場展望台へ。途中、車は通れない橋で十勝川を渡ります。

Audax Japan BRM922北海道400km函館

恒例の400kmコースです. 函館を中心に北海道南端部を巡ります。前半は東側の亀田半島を回って大沼へ。明るいうちに城岱牧場・木地挽高原という絶景ポイントを2つ、また、函館山・ 大沼・噴火湾の景色もご期待下さい。天気が良ければ羊蹄山が見えるかもしれません。後半は渡島中山峠を越えて江差から西側の松前半島を海岸沿いにぐるりと回り、函館山を目印に走ります。台風さえ来なければ秋の入り口の道南をお楽しみいただけるでしょう。

Audax Japan BRM1006 北海道200km大夕張

札幌市を出発して桂沢湖からシューパロ湖を巡る、全体として大きな8の字を描くコースです。道中、三笠・幾春別・清水沢などかつて炭鉱で栄えた町を通ります。中でも大夕張を飲み込んだシューパロ湖は、その湛水面積において朱鞠内湖に次ぐ国内第2位の巨大人造湖です。広大なシューパロ湖と紅葉の景色をお楽しみください。