一般社団法人オダックス・ジャパン北海道のウェブサイトです。通称・略称〜AJH、AJ-Hokkaido、AJ北海道

ブルベ参加者の皆様にご理解頂きたいこと

  • ブルベはレース(走行タイム等を競うイベント)ではありません。
  • ブルベは夜間走行を含め様々な天候のもと200km超の距離を自己責任で走る長距離サイクリングです。
  • ブルベは危険を伴うスポーツであり、あらゆるリスクに対して走者自身の状況判断と対応が必要になります。
  • ブルベの主催者は営利団体ではなく、参加者自身が自分達のためにボランティアで開催しています。
  • ブルベ参加にあたっては、必ずBRM/AJ規則、及び安全装備に関する北海道ローカルルールをお読み頂き、十分理解された上で、申込みを行ってください。

LinkIcon【AJホームページ】LinkIcon【BRM/AJ規則】LinkIconAJ北海道の安全装備に関するローカルルール

Audax Japan BRM505北海道200km函館

  • 開催日 2018/5/5
  • 申込期間 2018/1/17-4/21
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 北斗市運動公園 7:00
  • (参考)ルートラボデータ ※ルートラボデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

旧松前200kmの復活です。北斗市発着で松前半島を走ります。北海道最南端の白神岬,桜の季節の松前,古い歴史を有する上ノ国,旧江差線沿いに湯ノ岱を越えて木古内とまわります。標高差も小さく初心者にもお勧め。北海道のブルベシーズン初めの足慣らしにも良いでしょう。
RouteMap200.jpg

Audax Japan BRM513北海道200km美唄

  • 開催日 2018/5/13
  • 申込期間 2018/1/17-4/29
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 前田森林公園 7:00
  • ゴール場所 石狩市公民館
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

石狩の里山風景、空知の丘陵地帯を巡る200㎞のコースです。
緑の色が日に日に濃くなっていく季節、目的地はアルテピアッツァ美唄。廃校になった木造校舎を再利用した野外彫刻美術館です。併設されているカフェアルテでエスプレッソを飲むも良し、野外彫刻を見て芸術に浸るも良し。
春のそよ風に吹かれながら石狩平野を走ってみませんか。
BRM513map.jpg

Audax Japan フレッシュ北海道

  • 開催日 2018/5/25-2018/5/27
  • 申込期間 2018/2/18-3/11
  • 参加費 3,000円
  • スタート場所・時刻 スタート5/25 6:00~5/26 10:00
  • ナイスプレイス:札幌ビール園(札幌市) ゴール受付 5月27日14時から、懇親会 同日17時からの予定
  • 申込方法・開催案内は、後日発表します(フレッシュについてはスポーツエントリー以外の申し込み方法となります)

昨年に引続き今年も北海道でフレッシュを開催します。
フレッシュは、共通の最終目的地(以下ナイスプレイス)に向かって24時間で360km以上のできるだけ長い距離を走るチーム・ライドです。
1チームは 3-5 台の自転車で編成され、最低でも 3台の自転車が一緒に24時間走り抜くことが求められています。コースは各チームが自由に組むことが出来ます。
開催される5月下旬の北海道は、日の出が4時過ぎ、日の入りが19時前と、昼間が最も長い季節。
仲間と24時間、雄大な景色を楽しむオリジナルコースでナイスプレイス(札幌)を目指してください!
※5月下旬とはいえ、北海道にはニセコパノラマラインなど冬季通行止めの道路が存在します。夜間に標高500mを越える峠越をするコースを設定する場合は、5℃以下の低温対策が必要です。

Audax Japan BRM610北海道200km新十勝

  • 開催日 2018/6/10
  • 申込期間 2018/1/17-5/27
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 帯広市 帯広の森アイスアリーナ 7:00
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

広大な十勝平野の北部を周遊するルートです。前半は登り基調、後半は下り基調で獲得標高はさほど大きくありません。帯広の森をスタートし、漫画「銀の匙」の舞台の帯広農高の前を通過し、十勝が丘で雄大な十勝平野を眺め、美蘭別の名も無き橋を見下ろして、糠平から冬はスキーコースになる森の中をリフトを横目に淡々と登れば、幌鹿峠がこのルートの最高地点。標高1081m。フィトンチッドを全身に浴びながら然別湖畔の原生林を駆け抜けて、白樺峠から豪快にダウンヒル、さらに屈足からひたすらまっすぐに降って、その勢いで芽室の畑の中を抜ければゴール。十勝の魅力を詰め込んだフルコースをぜひ、ご堪能ください。
なお、開催日までに幌鹿峠の通行止めが解除されない場合、2017年と同ルートで実施する予定です。
前日の18時ごろから前夜祭開催を予定しています。
2018shintokachi200.png

Audax Japan BRM623北海道400km地球岬

  • 開催日 2018/6/23
  • 申込期間 2018/1/17-6/9
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 前田森林公園 10:00
  • ゴール場所 ローソン石狩新港西三丁目店(予定) ゴール受付 札幌市 前田森林公園※ゴール受付は下記時間内で実施予定です。
    • 6/23 4:00~13:00
    • 制限時間内での完走認定はしますが、夜間対応は実施しない予定です。
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

ニセコ・洞爺湖・室蘭を巡る400㎞のコースです。
前半は赤井川・倶知安・ニセコを駆け抜けていきます。羊蹄山を色々な角度から堪能したら洞爺湖そして室蘭へ。今回の目的地は地球岬(アイヌ語でポロ・チケプ[親である断崖]が由来)。展望台からの眺めは素晴らしく、夜でも晴れていれば水平線を確認でき、地球の丸さを体感できることでしょう。
後半は太平洋のさざ波を聞きながらひたすら国道36号を北上していき、苫小牧から内陸へ。千歳臨空工業団地を経由して石狩平野のど真ん中を駆け抜けてゴール。初夏の北海道を思う存分満喫してください。
BRM623map.jpg

BRM707北海道200km北見
BRM707北海道300km北見

  • 開催日 2018/7/7
  • 申込期間 2018/1/17-6/23
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 北見市 北見自然休養村センター 200kmは8:00、300kmは7:00
  • (参考)200kmルートラボデータ
  • (参考)200kmRideWithGPS
  • (参考)300kmルートラボデータ
  • (参考)300kmRideWithGPS※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

4年目を迎える北見発着ブルベは200k、300kの併催開催です。
定番コースの200kmか、難易度の高い300kmにするかエントリー前にじっくりと選択する楽しみを味わってください。
200㎞は女満別の丘を越えて、斜里岳目指して一直線。浜風に乗って原生花園を駆け抜けて、網走の海産物をランチグルメとして楽しむのかを検討しつつ、湖巡りしながら北見へ戻ってくる快速フラットコース。
300kmは木工の町津別から釧北峠を越えて、雌阿寒・雄阿寒・阿寒湖畔へ。ワインディングダウンヒルをクリアしたら、北の旅人の聖地開陽台へ直線ロードをひた走り。直前に待ち受けるは斜度20%の激坂です。330°の大展望を堪能したら、牛の数をかぞえながら根釧台地を突っ切ります。秘境裏摩周で霧にむせび泣いたら、夕闇迫る原生花園から網走を経由してゴールになだれ込みます。
※前夜祭⇒日時:7月6日(金)19:00~、場所:北見自然休養村センター内、詳細後日
※ゴール後の食事⇒休養村特製カレー(現地にて一人500円の集金、詳細後日)
※ゴール後の入浴⇒宿泊者はゴール後の入浴が可能(前泊のみでも可)
スタート・ゴール会場の北見自然休養村センターは格安な公共宿泊施設です。
宿泊料金は、現時点では素泊まり3000円、最終申込人数によっては団体割引が適用される場合があります
宿泊予約は施設に直接ご連絡ください。
◎北見自然休養村センター:〒090-0808 北海道北見市若松651番地  Tel 0157-25-9675
~担当スタッフからひと言~
宿泊は7月6日・7日の2泊を朝食付きで申し込まれるのがお薦めです!近くにコンビニありません。7日の朝食時間はブルベ受付に間に合うように配慮していただけます。
96k8ca9200.png北見200km96k8ca9300.png北見300km

BRM713北海道1000km襟裳岬

  • 開催日 2018/7/13
  • 申込期間 2018/1/17-6/29
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 モエレ沼公園 7:00
  • ゴール受付は郵送で行います
  • 7月16日(月)17:00から札幌市内でゴールパーティーを行います。
  • (参考)ルートラボデータ(1)
  • (参考)ルートラボデータ(2)
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

北海道ならではの、これ以上ない平坦1000キロコースを、初夏の季節にのって爽やかに走ります。
札幌モエレ沼公園を朝7時にスタート、まずははるかオホーツクめざして北上していきます。
一日目の宿は紋別か、それとも夜通し網走まで走って真っ暗なサロマ湖を眺めるか。
二日目は帯広でグルメがてら一休みして、爆風必至の襟裳ロードに備えましょう。
ただし網走・帯広の手頃な宿は早々に埋まってしまうようなので、はやめの予約が必須かも。
本当に何もないのか襟裳岬からは日高の海岸線を延々140k。走り抜いたら石狩平野の朝日を浴びようぞ。
気温差20℃もありえる7月の北海道、ノースタッフノーエイドでの実施ですので、万端の準備でお挑み下さいませ。
1000km_new.png

BRM728北海道300kmパノラマ昆布岳

  • 開催日 2018/7/28
  • 申込期間 2018/1/17-7/14
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 前田森林公園 6:00
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

2年ぶりのパノラマ300、まずは毛無峠・樺立峠のおなじみルートからパノラマラインアタックで五色温泉へ。
いったん下って神仙沼ヒルクライム、折り返して昆布まで一気にダウンヒル。
ここからは新ルート、昆布岳山麓線はクルマの少ない穴場コース、太平洋岸にたどり着いて豊浦はイチゴの名産地。
羊蹄山をめがけて真狩まで上り下り、京極の名水を汲んだら、再度の樺立峠越えのあと小樽運河をすり抜けてフィニッシュです。
獲得標高4000m強、札幌市域を外れたら、平たい道は見当たらないなあ。
konbu300.jpg

BRM804北海道600km宗谷岬

  • 開催日 2018/8/4
  • 申込期間 2018/1/17-7/21
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 滝川市 滝川ふれ愛の里 8:00
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

日本本土最北端・宗谷岬に到達する日本最北ブルべです。
風光明媚な日本海沿岸(オロロンライン)を北上し、通過の町では海鮮を味わうことができます。天塩町からは「利尻礼文サロベツ国立公園」内に広がる国内最大規模のサロベツ湿原の西端を進みます。道は水平線まで伸び、日本海に浮かぶ利尻富士はサイクリストを癒し、最果ての地が近づきつつあることを実感します。日本海に沈む夕陽は絶景です。宗谷岬で折り返し、約330km地点に仮眠可能な休憩所を設営して軽食も提供します。以降は天塩川沿いに南下し、日本最大湛水面積を持つ朱鞠内湖周辺の原生林と幌加内町の蕎麦畑(生産量日本一)の景観を楽しみながらゴールを目指します。平坦部が多く比較的走りやすいコースです。真夏の日本最北地域を満喫してください。
<参考>
・仮眠休憩所を設置『PC4豊富町スポーツセンター』、軽食提供。
・宗谷岬到達者に『日本本土最北端到達証明書』を発行。
・獲得標高約2,300m、最高標高約440m(名寄市~朱鞠内湖間)。
・北緯45度線(北極と赤道の概ね中間)を通過。道道106号と国道40号にモニュメントあり。
・幌加内町には、特産の蕎麦を使った手打ち蕎麦店が数軒あり。音威子府村の黒い蕎麦も人気。
・Start&Finish会場の「滝川ふれ愛の里」は温泉施設。
・前夜祭を前日8月3日(金)に滝川市内で開催予定。詳細は7月頃このページでご案内。
2018宗谷600.png

BRM825北海道400kmニセコ

  • 開催日 2018/8/25
  • 申込期間 2018/1/17-8/11
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 ニセコ町 JRニセコ駅前 17:00
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

ニセコを夕方5時にスタートして日本海側をオールナイトライド、江差まで行ってきます。
イカ釣り船のゆらめく漁り灯を遠目に150kの真夜中の海岸線をわずかなコンビニを頼りに突き進みます。
帰路は、せたなまで戻ってピリカダムを望みつつ長万部でかにめし浜チャンポンの朝食か昼食か夕食か。
ゴール後はニセコ駅前の天然温泉綺羅の湯でゆったりしてってください。
400.jpg

BRM916北海道400km函館

  • 開催日 2018/9/16
  • 申込期間 2018/1/17-9/2
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 函館市 公立はこだて未来大学 6:00
  • (参考)ルートラボデータ ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

恒例の400kmコースです. 函館を中心に北海道南端部を巡ります。前半は東側の亀田半島を回って大沼へ。明るいうちに城岱牧場・木地挽高原という絶景ポイントを2つ、また、函館山・ 大沼・噴火湾の景色もご期待下さい。天気が良ければ羊蹄山が見えるかもしれません。後半は渡島中山峠を越えて江差から西側の松前半島を海岸沿いにぐるりと回り、函館山を目印に走ります。台風さえ来なければ秋の入り口の道南をお楽しみいただけるでしょう。
RouteMap400.jpg

BRM929北海道300km増毛

  • 開催日 2018/9/29
  • 申込期間 2018/1/17-9/15
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 札幌市 前田森林公園 6:00 ゴール場所 前田森林公園
  • (参考)ルートラボデータ
  • (参考)RideWithGPS ※ルートラボデータ、RideWithGPSデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。

今年のAJ北海道ブルベの締めくくりは増毛300kです。
札幌市西部の前田森林公園をスタートして、農業運河沿いを駆け抜け、青山ダムを望みつつ、浜益からは日本海オロロンラインを北上、
トンネル抜けたら中間地点の増毛です。軽く丘を越えたら空知平野、石狩川に沿うようにゴールを目指しましょう。
大きな峠のない平坦コースですが、9月下旬ともなれば防寒装備は必須です。十分に準備してブルベ収めしましょう。
mashike300.png

Audax Japan Fleche北海道430

今年のAJ北海道はフレッシュで開幕します。
フレッシュは、共通の最終目的地(以下ナイスプレイス)に向かって24 時間で360km 以上のできるだけ長い距離を走るチーム・ライドです。1チームは 3-5 台の自転車で編成され、最低でも 3 台の自転車が一緒に24 時間走り抜くことが求められています。
コースは各チームが自由に組むことが出来ます。初春の北海道をオリジナルコースでナイスプレイス(札幌)を目指してください!
※フレッシュの認定はランドヌール5000受賞資格のひとつとなっています。

Audax Japan BRM520 北海道300km増毛

今年のAJ北海道の通常ブルベは300kで開幕です。
札幌市西部の前田森林公園をスタートして、農業運河沿いを駆け抜け、青山ダムを望みつつ、浜益からは日本海オロロンラインを北上、トンネル抜けたら中間地点の増毛です。軽く丘を越えたら空知平野、石狩川に沿うようにゴールを目指しましょう。大きな峠のない平坦コースにつき、こっそり距離を5%増量しておきましたよ。まだまだ5月、防寒装備は万全で。風向きにも左右されそうなこの季節、おのおのがた準備は怠りなく。
mashike300.png

Audax Japan BRM618北海道200km新十勝

  • 開催日 2017.6.18
  • 申込期限 2017.6.4
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 帯広市 帯広の森アイスアリーナ(予定) 7:00
  • (参考)LinkIconルートラボデータ ※台風被害によるコース変更反映版(2017.5/19) ※ルートラボデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。
  • 出走ガイド→LinkIconダウンロードはこちら
  • キューシート→LinkIconダウンロードはこちら
  • 受付確認→ご確認ページはこちら

十勝200が生まれ変わりました。従来は南十勝がメインでしたが、北十勝を中心としたルートになりました。
帯広の森アイスアリーナをスタートし、十勝が丘展望台から広大な十勝平野を眺め、美蘭別の名も無き橋を名も無きピークから見下ろして、日本一広い公共牧場であるナイタイ高原牧場でソフトクリームを食べ、士幌高原ヌプカの里でまたソフトクリームを食べて気持ちの良い高原ライドを楽しんで、屈足からは雄大な日高山脈を眺めながらまっすぐに降って、鹿追から芽室までの鋸刃状のアップダウンをクリアし、タージマハルを模した「インデアン」でカレーを食べてゴール!もちろんソフトクリームやカレーは必修ではありません(笑)(昨年の台風被害による通行止めのためコースを一部変更しました。)
前日の18時ごろから前夜祭開催を予定しています。
2017Shintokachikaimap.jpg

Audax Japan BRM715 北海道200km北見
Audax Japan BRM716 北海道300km北見

スタート・ゴール会場の北見自然休養村センターは格安な公共宿泊施設です。宿泊予約は施設に直接ご連絡ください。
北見自然休養村センター:〒090-0808 北海道北見市若松651番地  Tel 0157-25-9675
宿泊者はゴール後の入浴が可能です。
宿泊者朝食は15・16日共に5:00から対応してくれます(要予約)。
300kmゴール後は、休養村特製カレーをご用意して皆様のゴールをお待ちしています(おつカレーは現地にて一人500円の集金)。

また、7月15日夜に自然休養村センターにて「中夜祭」を企画しています。開催が近づきましたら詳細をご案内いたします。

3年目となります北見発着ブルベ、今年は2days、200kと300kの連チャン開催です。1日目は200k、定番コースで南オホーツクをひと廻りします。女満別の丘を越えて、斜里岳目指して一直線。浜風に乗って原生花園を駆け抜けて、湖巡りしながら北見へ戻ってくる快速フラットコース。ランチグルメは網走で海産物、ゴール後は中夜祭の焼肉パーティー(予定)で2日目に備えましょう。
2日目300kは山岳コース。木工の町津別から釧北峠を越えて、雌阿寒・雄阿寒・阿寒湖畔へ。ワインディングダウンヒルをクリアしたら、北の旅人の聖地開陽台へ直線ロードをひた走り。直前に待ち受けるは斜度20%の激坂です。330°の大展望を堪能したら、牛の数をかぞえながら根釧台地を突っ切ります。秘境裏摩周で霧にむせび泣いたら、夕闇迫る原生花園から網走を経由してゴール自然休養村でお疲れさんパーティの余裕はあるか?
どちらか1日のみの参加も可能ですが、どうせなら二日間制覇して、3日目有志サイクリングで美幌峠なんて如何?
北見300.png北見300km
北見200.png北見200km

  • ■中夜祭
    • 200kmを走りきった疲れた体に沁み渡る、300kmにも挑戦する人の大事なエネルギーの確保にも対応した、焼き肉の街、北見の焼き肉をブルベ腹対応を踏まえたごはん付きのスペシャルセットメニューと共に今日の感想と明日の戦略で盛り上がりませんか?お酒も用意しておりますが、明日の走者の人は飲み過ぎ注意です。ブルベの雰囲気を味わってみたい走者以外の方も大歓迎です。
    • 会費:3,500円(走者の方はスタート受付時に頂きます。また、飲み放題・食べ放題ではありません)
    • 会場:休養村隣接の山の家
    • 日時:7月15日18時~20時(ぎりぎり隊には厳しい設定となっておりますが、20時以降は別会場を会場を用意しております。)
    • 申込方法:LinkIconBBSの当企画投稿記事に「中夜祭参加希望」とコメントにするか、長谷川宛「ajhasegawa1984○gmail.com(○を@に)」に「中夜祭参加希望」と直接メールしてください。
    • 締め切り:7月8日
  • ■おつカレー
    • 300kmを走りきったご褒美のカレーです。過去に実施したブルベでも走者の方に好評を頂いたカレーを特別価格で是非ご賞味ください。ゴール待ちの小腹対策の方も大歓迎です。
    • 価格:500円(走者の方はスタート受付時に頂きます)
    • 提供時間:7月16日17:00~26:00(ぎりぎり隊にはできるだけ配慮したいと思います)
    • 申込方法:LinkIconBBSの当企画投稿記事に「おつカレー希望」コメントするか、長谷川宛「ajhasegawa1984○gmail.com(○を@に)」に「おつカレー希望」と直接メールしてください。
    • 締め切り:7月8日

Audax Japan BRM805北海道600km宗谷岬

  • 開催日 2017.8.5
  • 申込期限 2017.7.22
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 滝川市農村環境改善センター 8:00
  • 【重要】スタートスケジュールの変更について
    • 142名と多数の参加申込をいただき、ありがとうございます。
    • 参加人数が想定より大幅に増加したことから、スタートを円滑にするために、スタート関係の方法とスケジュールを次のとおり変更いたします。
    • ・スタートグループを、出走時刻を15分ずらした2グループとします。
    • ・どちらのグループも制限時間は40時間です。
    • ・グループの選択は、受付順に自由選択とします。各グループ専用のブルべカードを用意します。
    • ・第1グループは60名限定です。
    • ご迷惑をおかけしますが、参加者各位のご協力よろしくお願いいたします。
    • 受付は運営の都合から7時20分に閉じます。
    • 受付に遅れて到着した場合は、第2グループのスタートが完了するまでお待ちください。
    • その後スタッフへ声をかけて受付し出走してください。8時30分までの出走が認められています。
    • 何らかの事情により、スタートされない方並びに受付に遅れる方は早目にスタッフへご連絡ください。
    • 変更後のスケジュール
    • 8月5日(土)
    • 【受     付】 6時45分~7時20分
    • 【ブリーフィング】 7時20分~
    • 【車検・スタート】
    •    第1グループ 7時30分~7時45分 車検後随時スタート
    •    第2グループ 7時45分~8時00分 車検後随時スタート
    • ※第1グループの正規スタート時刻7時45分 (ゴール制限時刻6日23時45分)
    •  第2グループの正規スタート時刻8時00分 (ゴール制限時刻6日24時00分)
  • (参考)LinkIconルートラボデータ ※ルートラボデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。
  • 【2017年コースの一部変更について】
    • 2017年のコース及びPCは、昨年のものを一部変更しています。上記ルートラボデータを参照してください。
  • 出走ガイド→LinkIconダウンロードはこちら
  • キューシート→LinkIconダウンロードはこちら
  • 受付確認→ご確認ページはこちら

日本最北端・宗谷岬を周る日本最北ブルべです。
風光明媚な日本海沿岸(オロロンライン)を北上し、通過の町では海鮮丼など新鮮な海の幸を味わうことができます。天塩町からは日本一のサロベツ湿原を進みます。その道は水平線まで伸び、左手の日本海に浮かぶ利尻富士はサイクリストを癒し、最果ての地が近づいてきたことを知らせてくれます。日本海に沈む夕陽は絶景です。宗谷岬から浜頓別町まではホタテの産地として有名なオホーツク海沿岸を走り、後半は中頓別町(約360km地点)に仮眠可能な休憩所を設営します。以降は内陸部の農村風景を楽しみながら南下しゴールを目指します。平坦部が多く走りやすいコースです。真夏の北海道を満喫してください。
2016souya.png

  • 【前夜祭のご案内】
    •  下記要領で前夜祭を開催します。
    •  北海道名物味付きジンギスカン発祥の松尾ジンギスカン本店で、参加者同士の親睦を深めましょう。
    •  多数の参加をお待ちしています。
    • 日  時 : 2017年8月4日(金) 18時30分~2時間程度
    • 場  所 : LinkIcon松尾ジンギスカン滝川本店
    •       滝川市明神町3丁目5-12 Tel 0125-22-2989
    • 内  容 : ジンギスカン食べ放題・飲み放題コース
    • 参 加 費 : 3,800円 (当日会場でお支払いください)
    • 申込方法 : 担当 岸  E-mail taccyk(アットマークに変更)yahoo.co.jp
    • 申込期限 : 7月31日(月)
  • ■宿泊
    • 滝川市内の宿泊施設と連携して、プルべ特別宿泊プランを用意しました。詳しくはLinkIconこちらのファイルをご覧ください。
  • ■日本最北端到達証明の発行
    • AJ北海道が自転車による最北端到達の証明書を発行します。
    • 600kmの認定と併せて記念に是非ゲットしてください。
  • ※詳細が決まり次第、このページおよび掲示板でお知らせします。

Audax Japan BRM826 北海道400km島牧

晩夏の北海道、札幌発着でGo West、 山と海を制覇しましょう。行先はディープ後志、島牧村。往路は、羊蹄山やニセコ連峰を望みながら峠をばしばし越えていきます。ハイライトは月越峠から日本海へのダイビング。海岸線にでたら、ほどなく折り返し地点の島牧。寿都あたりで海の幸を堪能しつつ、汐風なびかせサイクリング。夕陽を背にしながら尻別川沿いに内陸へライトラン。夜空に浮かぶルスツリゾートの大観覧車を眺めたら、小樽経由でフィニッシュ。昼の残暑も、夜になると秋の気配を感じる頃合い。グルメチェックでスタミナつけて乗り切りましょう。
島牧400.png

Addax Japan BRM917 北海道400km函館

  • 開催日 2017.9.17
  • 申込期限 2017.9.3
  • 参加費 2,000円
  • スタート場所・時刻 函館市 公立はこだて未来大学 6:00
  • (参考)LinkIconルートラボデータ ※ルートラボデータはあくまでも参考情報です。正式なコース情報は、主催者が提供するキューシートと出走ガイドです。ルートラボページ内には2016年と表示されていますが、コースは2017年と同一です。
  • 出走ガイド→LinkIconダウンロードはこちら
  • キューシート→LinkIconダウンロードはこちら
  • 受付確認→ご確認ページはこちら

函館を中心に北海道南端部を巡ります。前半は東側の亀田半島を回って大沼へ。明るいうちに城岱牧場・木地挽高原という絶景ポイントを2つ、また、函館山・ 大沼・噴火湾の景色もご期待下さい。天気が良ければ羊蹄山が見えるかもしれません。後半は渡島中山峠を越えて江差から西側の松前半島を海岸沿いにぐるりと回り、函館山を目印に走ります。秋の入り口の道南をお楽しみください。
917hakodate400.jpg

Audax Japan BRM1008 北海道200km大夕張

札幌市を出発して桂沢湖からシューパロ湖を巡る、全体として大きな8の字を描くコースです。道中、三笠・幾春別・清水沢などかつて炭鉱で栄えた町を通ります。中でも大夕張を飲み込んだシューパロ湖は、その湛水面積において朱鞠内湖に次ぐ国内第2位の巨大人造湖です。広大なシューパロ湖と紅葉の景色をお楽しみください。
2017Ooyubai200.jpg