一般社団法人オダックス・ジャパン北海道のウェブサイトです。通称・略称〜AJH、AJ-Hokkaido、AJ北海道

ブルベ参加者の皆様にご理解頂きたいこと

  • ブルベはレース(走行タイム等を競うイベント)ではありません。
  • ブルベは夜間走行を含め様々な天候のもと200km超の距離を自己責任で走る長距離サイクリングです。
  • ブルベは危険を伴うスポーツであり、あらゆるリスクに対して走者自身の状況判断と対応が必要になります。
  • ブルベの主催者は営利団体ではなく、参加者自身が自分達のためにボランティアで開催しています。
  • ブルベ参加に当たっては、BRM/AJ規則、及び安全装備に関する北海道ローカルルールをお読み頂き、十分理解された上で、参加申込みを行ってください。

LinkIcon【AJホームページ】LinkIcon【BRM/AJ規則】LinkIconAJ北海道の安全装備に関するローカルルール

ブルベとは

ブルベ(brevet)とは、「認定」を意味するフランス語です。この言葉にあなたはどのようなイメージを持つでしょうか。
ブルベは、超長距離を制限時間内に独力で走破することを目標とします。距離が長くなるに従い、身体精神両面の強さが問われる大人の遊びです。
制限時間内に完走をするためには何が必要でしょうか。自転車に長時間乗り続ける体力は言わずもがな、体への負担を少しでも軽減したり道迷いにならないなどの知力、そして後半に一層際立って求められる精神力、そして時には仲間を思い助ける統率力も、つまりは、あなたの持てるあらゆる要素が問われることになります。
いわばブルベとは、目標の距離を完走したあなたの「自転車総合力」を量る尺度であり、またそれを公に認定するのです。

具体的には

制限時間を設けて目標とする競技をファストランツーリングと呼びます。ブルベ、正式にはBRM(brevet Randonneurs Mondu)がランドヌール(randonneurs)と呼ばれる長距離サイクリストの実力認定システムとして、自転車文化に深い欧米を中心に世界中で親しまれています。
BRMは、フランスのランドヌール・モンデュ(RM)という組織が統括し、認定作業はRM下の一組織であるACP(オダックス・クラブ・パリジャン)によって行われています。(注:正確には、ACPが1000km以下のブルベを認定、RMが1200km以上のブルベを認定している)
各種の走行会の中で、BRMルールにのっとり行われる距離200km以上のものをブルベと呼びます。中でもACPの承認を受けたコースで行われるブルベをBRMと呼び、BRMを完走することで得られる認定は、世界中で通用します。BRMには距離に応じて6つのカテゴリーがあり、それぞれに制限時間(休憩・仮眠時間を含む)を設け、その時間内に完走できるかどうかが試されます。
BRM200は距離が200km・制限時間は13時間30分、
BRM300は300km・20時間、
BRM400は400km・27時間、
BRM600は600km・40時間、
BRM1000は1000km・75時間です。
そして、最高に位置するカテゴリーBRM1200の制限時間は90時間であり、丸4日間に渡って走り続けなければならないこの遊びの厳しさが、数字の上からだけでも感じ取れます。
そして、このBRMにおいて世界最高峰の大会に位置するのが、4年に1度ブルベ発祥の地フランスで開催されるPBP(パリ・ブレスト・パリ)です。
PBPは、パリから港町ブレストまでを往復するブルベですが、大きな峠こそないものの、ブルターニュ地方独特のアップダウンが連続し、累計登高は12,000mにもなります。正にランドヌールの限界に挑戦する大会です。

安全装備

 ブルベでは規制されていない公道を走るために、対車対人の安全装備が必要となります。
2013年3月現在、AJ及びAJ北海道では日本国内で行われる公認ブルベの参加者に対して、以下の装備を義務付けています。
なお、この規定はACP規約を基に日本の交通事情を考慮して作成されています。

前照灯(必須)

 300km以下のブルベでは1灯以上、400km以上のブルベでは2灯以上必要です。
前照灯は夜間、または霧や雨など視界不良の場合に点灯しなければなりません。
集団走行をしている場合でも、集団の全員が点灯していなければなりません。
また、昼間だからとバッグの中にしまわないでください。前照灯は常時使用可能な状態でなければなりません。
電池消耗の面で有利なLEDライトの普及が目覚しいですが、古い型のものは光量に難があるので避けたほうがよいです。ハロゲンライトは光量に富み、集光性も良いのですが、アルカリ乾電池では3~4時間しか持たないために、たくさんの電池を持つことになります。

特記事項(北海道ローカルルール)

  • 前照灯2灯は400km以上のブルベで義務付けられています。(AJのBRM規則参照)
  • 北海道でのブルベにおいては、地域性を考慮し、300km以上のブルベで前照灯2灯義務付けとします。

尾灯(必須)

夜間や視界不良時の走行においては、自転車本体に装備した尾灯を点灯してください。装着にはサドルバッグやリアバッグによって見えなくなることのないように注意してください。尾灯は、常時点灯できるものに限ります。これは、点滅モードの場合、後方を走る者を幻惑させる可能性があるためです。なお、点滅モードは使用禁止です。

ヘルメットに装着する尾灯(400km以上の場合必須、AJ独自規定)

ブルベではヘルメットの着用が義務付けられていますが、このヘルメットの後頭部に尾灯を搭載しなければなりません。後続車からの視認性を向上させます。これは点滅式も使用できます。
cateyeやBUSCH&MULLERなどから、ヘルメットに着用しても気にならない程のものが発売されています。

体に着ける反射素材(必須)

反射ベストなど前後から視認できるものを 装着してください(2014年からは北海道ローカルルールで反射タスキのみでの使用は不可としました)

特記事項(北海道ローカルルール)

  • 反射グッズは夜間のみならず昼間も着用することを義務化しています。

ヘルメット(必須)

走行中は常時着用していなければなりません。登りでも同様です。ヘルメットの種類は問いませんが、帽子やカスクはヘルメットと見なさないので注意してください。

ベル(必須)

日本での道交法や保険などの関係で、オダックス・ジャパンオリジナル規定として、ベルの装着が義務づけられています。北海道では特に、野生動物への警告としても有効です。

<以下は推奨装備です>

補助灯

北海道では、街灯一つない暗闇の中を走行することがあります。そのようなところで、地図を見たりする場合、ヘッドライト等の補助灯があると便利です。
ヘッドライト以外ではminiMAGlightが小型で軽量、タイラップを用いればヘルメットに固定できます。
また、ABITAXからはジャージのファスナーにつくほど小さく明るいライトが発売されています。(管理人は秀岳荘北13条店で購入しました)

バックミラー

ハンドルバーやバーエンドに取り付けられるものは、ドロップハンドルにも装着できます。
これがあると、後ろの人の様子が伺えるので、集団走行をする時に便利です。また、夜間走行においては車のライトをよく反射するので、ミラーなしに比べて後続車に気づきやすい(あくまで相対的なもの、絶対ではないです)という利点があります。
バックミラーはあくまで目視の補助です。車のミラー以上に死角があるので、必ず後方確認は目視で行ってください。

マッドガード

雨中走行の場合に臀部を冷やさずに済みます。また、集団走行をしている場合には後列の人への被害を減じることができます。